テーブルウェア・フェスティバル 2020 に行ってきた 其の1

  • 2020.02.14 Friday
  • 02:10

今年は新型コロナウイルスへの感染リスクがあったので、

行くか迷ったのですが、通勤電車ほどの危険はないので

2月9日の日曜日に行ってきました。

出控えで例年より空いていた。

 

「テーブルウェア・フェスティバル 2020」

 〜暮らしを彩る器展〜

 

 場所は東京ドーム

 入場料税込 ¥2200

 

場内で趣味の写真撮りをしてきました。

カメラ EOS 5D Mark IV

   EF 24-70 F4L IS USM

カメラ EOS M5は妻の撮影

 

今年も2回に分けて掲載します。

「其の1」は企画展示やブランド品メーカー、有名生産地からの展示、

テーブルセッティングによる食空間提案などです。

写真はコーナー毎に集めたつもりですが、

テキトーに歩いていたので、区分違いが混ざっているかも。

 

後日のUP「其の2」は主にコンテスト部門の写真です。

 

0Y6A6083.JPG

入り口正面の企画展示は「美食の国イタリア」

のブース。

 

0Y6A6088.JPG

 

0Y6A6098.JPG

先月、我が家のゴブレットは割れてしまった。

 

0Y6A6106.JPG

 

「レティチェッロのグラス」北一ヴェネッツィア美術館蔵

この写真だけ妻の撮影。 M5にEF-M18-150mm

網目模様のひとつひとつに小さな気泡が入っている。

レースグラスの作り方は知っているが、

これはどうやって気泡を入れ込んだのか不思議な技法だ。

 

0Y6A6111.JPG

変わった物撮り

 

 

0Y6A6114.JPG

 

0Y6A6116トスカーナ陶器.JPG

トスカーナ地方の陶器

 

0Y6A6118リカルド・マルツィ.JPG

リカルド・マルツィ

樹脂製で軽い。

 

0Y6A6125マリオルカ ジウスティ.JPG

マリオルカ ジウスティ

 

特別企画「ジャポニズム 和と洋のハーモニー」

0Y6A6145ジャポニズム.JPG

両側Meissen、中央KPM

今回はマイセンとかウエッジウッドの

まとまった展示は無かった様だが、

この様な単品展示があった。

 

0Y6A6128ベナルド.JPG

ベナルド

 

 

0Y6A6137ノリタケ.JPG

ノリタケ
 

0Y6A6140ノリタケ.JPG

ノリタケ

 

0Y6A6131ヘレンド.JPG

ヘレンド

 

0Y6A6143カガミクリスタル.JPG

カガミクリスタル

 

同、部分。

 

0Y6A6133レイノー.JPG

レイノー

 

0Y6A6135ピント パリス.JPG

ピント パリス

 

北一硝子

 

0Y6A6154北一硝子.JPG

北一硝子

 

0Y6A6161スガハラ.JPG

スガハラ

 

0Y6A6146.JPG

 

華硝

 

0Y6A6167華硝.JPG

華硝

微小な細工。ブログの縮小画像では現れてませんが

オリジナル画像は極小の模様があります。

今まで見てきた切り子の中で最も細かな細工です。

 

 

0Y6A6175.JPG

島津薩摩切子

 

0Y6A6184廣田硝子.JPG

廣田硝子

 

 

「テーブルセッティングによる食空間提案」

 

0Y6A6192石坂浩二.JPG

石坂浩二

0Y6A6208川井郁子.JPG

川井郁子

 

0Y6A6196小倉優子.JPG

小倉優子


 

土屋太鳳

 

 

0Y6A6203竹中麗湖.JPG

竹中麗湖

 

0Y6A6226東儀秀樹.JPG

東儀秀樹

 

 

0Y6A6213黒柳徹子オリンピック観戦.JPG

黒柳徹子

ホームパーティーでオリンピック観戦

 

毎年の様にビーズ刺繍デザイナー田川啓二氏とのコラボ。

0Y6A6214ビーズ刺繍デザイナー田川啓二.JPG

過去の五輪開催地夜景ドレス

0Y6A6218黒柳徹子&田川啓二.JPG

 

 

「和のうつわ」

 

0Y6A6245.JPG

 

0Y6A6256.JPG

 

0Y6A6240.JPG

水色の模様が自然石のラリマーに似ている。

 

 

0Y6A6236.JPG

 

0Y6A6258古瀬戸(株)丸幸中島.JPG

古瀬戸(株)丸幸中島

0Y6A6263瀬戸焼更紗窯丸長長江製陶所.JPG

瀬戸焼更紗窯丸長長江製陶所

 

 

0Y6A6302ノリタケ トレフォリオ.JPG

ノリタケ トレフォリオ

オレンジ色のラベル付きガラス器は別メーカー。

 

0Y6A6274ノリタケ トレフォリオ.JPG

上のトレフォリオ部分

 

0Y6A6271ノリタケ オリッジ.JPG

ノリタケ オリッジ

 

0Y6A6282ノリタケ.JPG

ノリタケの絵付け実演。

ギン太コハクもやってみたいが、料金がァ〜、、、。

 

0Y6A6294ノリタケ ムーミン.JPG

ノリタケ ムーミン

 

0Y6A6298.JPG

 

 

 

0Y6A6300ノリタケ.JPG

ノリタケ

 

 

0Y6A6304大倉陶園.JPG

大倉陶園

 

0Y6A6280ノリタケ ライド.JPG

 

0Y6A6308.JPG

 

0Y6A6337大倉陶園ブルーローズ.JPG

大倉陶園ブルーローズ

 

0Y6A6333大倉陶園 漆蒔.JPG

大倉陶園 漆蒔

 

0Y6A6343.JPG

 

0Y6A6342?.JPG

 

 

テーブルウェア・フェスティバル 2020 に行ってきた 其の2

 へ続く

 

2019年7月「黒澤信雄 油絵展」

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 01:38

JUGEMテーマ:写真日記

2019年7月1日、

新宿京王デパートに行って来ました。

「黒澤信男 油絵展」

会場は新宿京王百貨店6階の京王ギャラリーです。

会期は令和元年6月27日から7月3日まで。

 

 

左から2人目が黒澤信男氏。右端は奥様。

半袖シャツが私。

写真は画商さんに撮っていただきました。

 EOS 5D Mark IV

 EF24-70mm F4L IS USM

 430EX lll-RT

 

黒澤先生の絵は細密な雪景色に特徴があって、

山岳画が多いので、私は過去の自分の足跡を絵の中に辿ったりします。

稜線や岩峰などはかなり正確なので登山愛好家に観賞をお勧めします。

上の写真左端にも見えてますが、

今回の出品作に谷川岳一ノ倉沢が2点あって、しばらく見つめてしまいました。

本谷、ルンゼ、南陵テラス、衝立、烏帽子岩、コップ状岸壁、等、見入ってしまいます。

 

大きな絵は新宿御苑。

その右の小さい絵は新潟県の大源太山。

私は行ったことがない山です。

麓の紅葉と新雪の付いた大源太が美しい絵です。

  警告:この山は標高の割に難コースです。

 

犬散歩の写真はまた後で。

  じゃあまたね

2月3日 黒沢信男 個展

  • 2019.02.08 Friday
  • 01:30

JUGEMテーマ:写真日記

2月3日の日曜、上野松坂屋のギャラリーに

「黒澤信男個展」を見に行ってきました。

―日本の四季を描く― 黒澤信男油絵展

平成31年1月30日(水)〜2月5日(火)

 

もう終わってますね。

 

米寿を記念した個展です。

今回は水彩スケッチの出展が多かったです。

P2031708 のコピー.JPG

中側に黒澤先生ご夫妻と、

向かって左が妻右のハゲ頭が私。

画商さんに撮ってもらいました。(オリンパスTG-4)

 

会場を出てからは壁ウオッチング

古いデパートは石材に化石が入っていることが多いので、

探しながら階段を降りた。

P2031711.JPG

時代物建築と解るエレベーター周りの装飾。

 

サンゴのカケラとか小さなウミユリの茎、貝類の断面らしき物は

あったので古生代のものと思われるが、残念ながら

三葉虫などの目立つ化石はなかった。

中生代の石材なら大きなアンモナイトが見ものとなります。

 

下の方の階段横に化石についての掲示がありました。

P2031709.JPG

古いデパートが取り壊されていくのは

化石好きにとっては残念です。

新しい建築にはほとんど化石を含む高価な石材は使われてないようです。

 

デパートを出てからは不忍池に行きました。

この前日の吉祥寺井の頭池では鴨が少なかったので、

連日の鳥見です。

0Y6A9058.JPG

ユリカモメの着水。(EOS 5D Mark IV)

 

この時の鳥撮りは後で別記事として書きます。

 

 じゃあまたね

 

 

 

〜米寿記念・日本の四季を描く〜 黒澤 信男 油絵展

  • 2018.07.01 Sunday
  • 19:57

JUGEMテーマ:今日のこと

7月1日に新宿、京王デパートの6階、

京王ギャラリー」へ行ってきました。

 

〜米寿記念・日本の四季を描く〜
黒澤 信男 油絵展

6月中に梅雨明けだったので大変暑い日でした。

デパート内に長く居ると寒いくらいの冷房でしたが。

 

黒澤氏の絵は山岳画、雪景の細密な描写が美しいです。

杉並区にお住いで、都内に雪が降るとすぐに

近所の公園で雪景色スケッチなどもされてます。

山岳画では私の登った山も多く描かれていて、

精密な描写なので山頂だけでなく縦走した稜線や

細かいピークの連なりまで登山時の思い出が湧き上がります。

今回の個展は富士山の絵が中心でした。

米寿ですが未だに現地制作をされています。

仕上げや100号の大作などはご自宅のアトリエで描かれています。

 

0Y6A8071.jpg

黒澤信雄先生と奥様。

後列は私と妻。

この写真はEOS 5D IV、24-70F4L

画商さんにシャッターをお願いしました。

 

0Y6A8067.jpg

 7月1日の散歩に出る前、

コハクには霧を降らして軽く濡らしてから歩きました。

 

 じゃあまたね

テーブルウェア・フェスティバル2018 に行ってきた 其の1

  • 2018.02.08 Thursday
  • 02:00

2月4日の日曜日、イベントに行ってきました。

 

「テーブルウェア・フェスティバル 2018」

 〜暮らしを彩る器展〜

 

 場所は東京ドーム

 入場料税込 ¥2100

 

場内で趣味の写真撮りをしてきた。

一部個人の作家さん展示以外は撮影自由なので

物盗りの、物撮りの練習に手頃です。

カメラ EOS 5D Mark IV

  EF 24-70 F4L IS USM

 

今回の書き込みは写真点数が多いです。

犬も野良ニャンも出てきません。

テーブルウェアに興味のない方はパスしてください。

 

「其の1」は企画展示やブランド品メーカー、有名生産地からの展示、

テーブルセッティングによる食空間提案などです。

 

後日のUP「其の2」は主にコンテスト部門の写真です。

 

0Y6A8613.jpg

入り口階段の上から全体を見下ろす。

 

0Y6A8726.jpg

企画展示、英国スタイルのコーナー入り口。

 

0Y6A8727.jpg

バーレイ ?

 

0Y6A8616.jpg

GIEN (ジアン フランス)

 

0Y6A8619.jpg

HEREND(ヘレンド ハンガリー)

 

0Y6A8621.jpg

リモージュ焼ロール セリニャック

 

0Y6A8635.jpg

ローゼンタール

 

0Y6A8674.jpg

ハルシオンデイズ

 

0Y6A8688.jpg

 

0Y6A8690.jpg

ウェッジウッド

 

IMG_1233.jpg

 

BURLEIGH (バーレイ 英国)

 

0Y6A8708.jpg

ロイヤルクラウンダービー

 

0Y6A8714.jpg

ウィリアム ヨーワード クリスタル

 

0Y6A8722.jpg

ロイヤルウースター

 

0Y6A8723.jpg

 

ロブマイヤー (オーストリア) EOS M5

 

0Y6A8647.jpg

北一硝子

 

0Y6A8654.jpg

有田

 

0Y6A8731.jpg

益子焼

 

0Y6A8741.jpg

益子、福島窯

 

0Y6A8749.jpg

飯沼耕市 (笠間)

0Y6A8763.jpg

keicondo (笠間)

 

 

0Y6A8768.jpg

ノリタケ

 

0Y6A8772.jpg

 

0Y6A8777.jpg

帝国ホテルで使われていたノリタケ。

 

0Y6A8786.jpg

 

0Y6A8791.jpg

 

0Y6A8797.jpg

ノリタケの「陶胎漆器 親王揃」

0Y6A8804.jpg

 

0Y6A8814.jpg

 

0Y6A8826.jpg

大倉陶園 ディナーテーブル

 

0Y6A8828.jpg

 

0Y6A8831.jpg

大倉陶園 ティーテーブル

 

0Y6A8837.jpg

 

0Y6A8839.jpg

大倉陶園 ディナーテーブル

(グラスはカガミクリスタル)

 

0Y6A8848.jpg

大倉陶園

0Y6A8875.jpg

 

0Y6A8878.jpg

 

0Y6A8865.jpg

ブルーローズのシリーズ

 

0Y6A8870.jpg

 

0Y6A8886.jpg

大倉陶園、伊藤若冲の絵柄

0Y6A8891.jpg

 

0Y6A8889.jpg

 

0Y6A8897.jpg

大倉陶園の陶画と巨大な杯。

 

0Y6A8906.jpg

RAYNAUD レイノー (リモージュ 仏)

 

0Y6A8919.jpg

豪華列車「四季島」の車内食堂

 

0Y6A8930.jpg

花器として使う。

 

0Y6A8940.jpg

 

0Y6A8662.jpg

書道家の紫舟さんのテーブルセッティング

すごいことになっている。

 

0Y6A8663.jpg

今年の石坂浩二さんのコーディネートは、、、ちょっとなあ。

 

 「其の2」へ続く

2017年の「テーブルウェア・フェスティバル」行ってきました

  • 2017.02.04 Saturday
  • 02:42

今年も行ってきました。

テーブルウェア・フェスティバル 2017 

  〜暮らしを彩る器展〜 

 

初日の1月29日に行ってきました。

陶磁器やガラス器が好きなので写真撮りのつもりで。


カメラ EOS 7D Mark2 に EF 24-70 F4L IS USM

 カメラ EOS M5 に EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

 M5は妻が持っていたが途中で別の用に行ってしまったので後半は私が使った。

 

196A5375.jpg

入口通路から。

 

今回のイベントのパンフレットに使われてる展示。

ネコ科 其の1  (スウェーデン リサ・ラーソン)

 

ネコ科 其の2

 

以後、今回のブログページは長いです。危険

ダラダラと長くてごめんなさい。

 

陶磁器ガラス器のブランドメーカーの展示ブースから。

 

196A5527.jpg

 

196A5534ヘレンド.jpg

ヘレンド

 

 

196A5431.jpg

スウェーデン リサ・ラーソン

 

196A5450.jpg

ロールストランド

 

196A5463.jpg

 

196A5507.jpg

 

196A5542.jpg

 

196A5574.jpg

ジアン

 

196A5593.jpg

 

196A5602.jpg

 

196A5608.jpg

 

196A6259.jpg

 

196A5614.jpg

エーゲルマン

 

196A6252.jpg

 

196A5626.jpg

ロブマイヤー

 

196A6280.jpg

 

196A6294.jpg

今回の購入品、背面2段目にある柴犬模様のグラス

 

 

196A5644.jpg

 

IMG_0174.jpg

 

196A5655.jpg

 

196A5684.jpg

 

196A6289.jpg

 by 桜庭裕子

 

196A6292.jpg

 

 

 

196A5699.jpg

 

196A6413.jpg

 

 

196A6439.jpg

大倉陶園

 

196A6426.jpg

 

196A6438.jpg

 

IMG_0492.jpg

 

IMG_0498.jpg

 

IMG_0527.jpg

 

196A5706.jpg

センターガーデン ここはガーデニングショーの様な区角。

 

196A6172.jpg

フラワーヘアーショーをやっていた。

 

 

196A5720.jpg

 

196A5738蓼科.jpg

英国園芸研究家 ケイ山田さんの展示

子供の誕生日パーティーを想定して、背景は蓼科高原です。

196A5754.jpg

 

テーブル下の置物。

196A5758.jpg

モデルさん「アリス」

 

ついでに、ちょっと脱線してモデルさん続き。

196A5763.jpg

モデルさん 「徹子の部屋」

 

196A6230.jpg

本物のモデルさん

 

IMG_0223.jpg

 

 

196A5772.jpg

ピアニスト、花房晴美さんの展示

 

196A5783.jpg

東儀秀樹さんの展示

 

196A5810.jpg

 

 

196A5833.jpg

 

196A5901.jpg

上塗屋 中門漆器店

 

この辺り、コンテストの展示周回。

それぞれテーマを持って、それなりにセッティングしてます。

196A5950.jpg

 

196A5990.jpg

 

196A6004.jpg

 

196A6027.jpg

 

196A6046.jpg

 

196A6060.jpg

 

196A6064.jpg

 

196A6085.jpg

 予告編で使ったカット。ミュシャが好きなので再掲。

 

196A6088.jpg

 

196A6103.jpg

 

196A6130.jpg

 

 

196A6155.jpg

 

196A6393.jpg

 

196A6402.jpg

 

チョット休憩。

IMG_0413.jpg

特設ステージで室内楽、だが、

巨大スピーカーを通した音響なので、、、室内楽曲の美しさが出てない。

演奏そのものは素晴らしいです。

 

個人の作家コンペ出展作。

196A6161.jpg

「彩のひととき」

 

196A6327.jpg

「王様達のカップ&ソーサー」

 

196A6335.jpg

「おしゃべりタイム」

 

196A6342.jpg

「光のベクトル」

 

196A6368.jpg

「木葉天目 葉ノ花」

 

IMG_0533.jpg

出口通路から振り返ってみる。

 

今年の購入品を家撮り、酒器。

去年は気になったが買わずに終えた。

絵柄が我が家の柴犬ギン太に似ている。

月夜野工房(上越クリスタル硝子株式会社)

この会社は工場見学や体験製作もできます。

私は30年くらい昔、登山ついでに立ち寄ったことがあります。

 

 

 

  じゃあまたね

 

 

 

 

 

テーブルウェア・フェスティバル2016に行ってきた (後半画像)

  • 2016.02.05 Friday
  • 00:20
JUGEMテーマ:東京散歩
1月31日に行ってきた「 テーブルウェア・フェスティバル2016 〜暮らしを彩る器展〜 」
撮ってきた写真の掲載、続きです。
     
カメラ 場内の撮影はすべて EOS 7D Mark2 、EF 24-70 F4L IS USM です

実際の撮影は掲載の10倍位あって、
だいぶ絞ったのですが、、、まだ
画像の数が多いです。もったいながり屋の私。

撮影順のままです。コーディネート部門や企画展示、展示販売コーナーを行き来してます。

196A9019.jpg

196A9027.jpg

196A9040.jpg


196A9054.jpg

196A9053.jpg

196A9065.jpg

196A9071.jpg

196A9081.jpg

196A9113.jpg

196A9137.jpg

196A9155.jpg

196A9164.jpg

これだけ「 オリジナルデザイン部門(アマ)」の出展作。


私と同じ会社のキム氏の作品。

また「コーディネート部門」の展示に戻る。
196A9205.jpg

196A9208.jpg

196A9229.jpg

196A9245.jpg

196A9250.jpg

196A9255.jpg

196A9266.jpg

196A9274.jpg

196A9306.jpg

「鹿児島の工芸品展示販売コーナー」で薩摩焼を見てしまい、
196A9321.jpg
とうとう買ってしまった。撮るだけにしようと思っていたのに、、、。

作者ご本人が箱書きをして、レジは息子さんでした。
196A9323.jpg
内山義明氏、号を渓山
箱にはミニパンフがはいってました。
薩摩焼 渓山窯 南州工房

都内のデパートでは特選食器売り場や鹿児島物産展などで販売活動をしているそうです。
ホームページ
http://www.satumayaki.com/index.htmlによると、
2016年の期日が近い所で、

2/25〜3/1 池袋東武    鹿児島物産展
3/9〜3/14 日本橋三越本店 鹿児島物産展

が予定されてました。


以下3コマは家に帰って撮った画像。
196A9568 (1).jpg
2コマ上の画像のような透し彫りがあったり 絵付けの多いのは高価なので、
絵柄面積の小さいやつを。
196A9585 (1).jpg
いわゆる、戦利品、という物。

                          EF 24-70 F4L IS USM マクロ入り
また会場内写真に戻って。
196A9329.jpg
              五郎丸たぬき

196A9354.jpg

196A9372.jpg

196A9379.jpg

196A9383.jpg

196A9386.jpg

196A9395.jpg

196A9407.jpg

196A9423.jpg

196A9432.jpg

企画展示の萩焼コーナー
196A9453.jpg

196A9460.jpg


船崎窯

英国グッズ販売コーナー
196A9503.jpg
ここでは 今家で使ってるランチョンマットが摩耗してるので同じ物を購入。
ピーターラビットの絵柄のです。


夕方、おみやげを手にして、
196A9510.jpg
出口から振り返ってみる。


196A7542山中湖.jpg
  寝息 犬 寝息

          じゃあまたね







 

ガラスの物達 (2)

  • 2014.04.19 Saturday
  • 16:04
JUGEMテーマ:今日のこと
 このところ、話のネタが少ないので再度、
身の回りのガラスの物達の写真紹介です。
ほとんどが旅行先で「旅の思い出の品」として購入した物です。
旅行土産は現地の工芸品を買ってくることが多いので、今回はそれらのガラス物です。  
 前回、3月29日に書き込みの続編みたいなものです。  
                                            室内撮影はオリンパス TG-2
P3290088.JPG
 長野県木曽福島で、ガラスに漆で彩色したもの。
木曽地方は漆器細工物が多いのですが、ガラスにも鮮やかだなと思って買ってきました。


P3290085.JPG
 小さな酒器。被せガラスを彫り込んだ物。 どこで買ったんだっけか?

P3290082.jpg
 ベネチアン。 ムラノ島
イタリアに行った訳ではなく、観光地によくあるガラス館のミュジアムショップで購入。
P3290079.jpg
「ミルフィオリ・グラス」の板状の物をカップ状に整形したものと思います。

P3290066.jpg
 長野県海野宿ガラス工房「橙」で作られたもの。

P3290068.jpg
 ボヘミアンのワイングラス

P3290104.JPG
 江戸切り子の酒器。デパート等で普通によくあるもの。

P3290097.JPG
  東京、芝のイタリアワイン専門店で

P3290057.JPG
 伊豆高原のミュジアムショップの正月福袋に入っていたボヘミアン風、HOYA製。

P3290064.jpg
IMG_5010.jpg
 英国アンティークを扱っていた店「倫敦商会」の福袋に入っていた古い大きなガラス瓶

P3290113.JPG
 琉球ガラスの小皿など。
P3290116.JPG
 琉球ガラスは壊れガラスを再生するので気泡が多いのが特徴。

ガラス物の話、またするかも。
              じゃあ またね




 

ガラスの物達 (1)

  • 2014.03.29 Saturday
  • 01:08
JUGEMテーマ:今日のこと
今日は犬の話ネタが無いので、身の回りのガラスの物の話です。

P3010209.JPG
ガラスの置物。立方体の3面にギン太の写真を貼ってある。
一辺50mm

P3010206.JPG
ガラスのブロックを透して写真を見るようにしてある。

P3010202.JPG
 今年の正月旅行で買った置物。今年の干支の馬の像。そして私も午年、還暦。
 長野県海野宿のガラス工房『橙」制作。

P3010186.JPG
 ガラス工芸での切り捨てられる側。端切れも色取りをとりそろえてみると、、きれい。   ガラス工房「橙」


P3010190.JPG
 黒曜石。天然ガラス、長野県和田産
 左右91mm

 次も天然ガラス。

 モルダバイトをペンダントにした物。うっかり透過光で撮るのを忘れた。
Moldaviteはチェコのあたりで起きた小天体落下の高温で溶けた緑色の天然ガラス
つまりはテクタイトの一種。

P3010177.JPG
現代物、グラス。 伊豆高原の旅行先で購入。
上部の径、70mm。

P3010139.jpg
現代物、香水ビン。置物飾りとして。
高さ80mm

P3010156.jpg
 アンティーク品、 ドーム「おだまき紋花器」

P3010146.jpg
 ドームナンシー の印

 わが家で人工物としては最も古いもの

 ローマングラスの破片。反射光撮影。
 縦方向40mm


 同じ物を透過光撮影
 曲面と厚みからすると、吹きガラス技法による器の破片と思いますが、、。


P3010166.JPG
 クリスタルグラスプレートの裏側に凹みのレリーフ。

P3010163.jpg
  現代物。ラリックガラスのふくろう
  高さ55mm

他のガラスの物達の紹介はまた、話のネタが途切れた時に。

      じゃあ またね

2013年秋の日展

  • 2013.11.16 Saturday
  • 19:33
JUGEMテーマ:今日のこと
 11月16日、「日展」に行ってきました。

特に、洋画部門の黒澤信男氏、犀川愛子先生の絵を見てきました。
犀川愛子先生とは展示室で待ち合わせ。しばらく立ち話をしてきました。
ア、立ち話をしたのは私ではなく、妻です。

展示室内では写真を撮れないので、美術館の建物写真です。

 大江戸線の六本木駅から少し歩いて新都美。

 到着時の外観。                 TG-2


 館内2階から。


 帰り、もう西日が赤くなりだした。

 夕日の外観。


途中で見たビルの外壁はダクトに覆われていた。

ついでに、今朝のギン太散歩写真を。
  だーれだ。

 マメ太郎君の背中です。



 いつもの公園でのギン太。           EOS70D


       じゃあ、またね。




 

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM