2019年12月 池袋で「東京ミネラルショー」の購入品

  • 2019.12.17 Tuesday
  • 12:32

JUGEMテーマ:鉱物 化石

毎年恒例の石ころイベントに行ってきました。

第28回 東京ミネラルショー

です。会場が広いので1日では回りきれず、2度行ってきました。

入場料は900円かかりますが毎日行っても初回の入場券は有効です。

 

では今回の購入品を並べます。

 

EOS 5D Mark IV

 に、EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 に、FD-1をつけてマクロモード

照明はLED、または430EX lll-RTバウンズ併用

 

以下の写真、購入順ではありません。

初日は私一人で、15日の日曜日は妻と行きました。

私の標本と妻のアクセサリーがランダムに出てきます。

 

 

チケット購入時にくれるガイドブックと袋。

 

今回も案内DMをいただいたジェム Y.O.さんでの購入品から。

0Y6A9843.JPG

天青石/硫黄(Celestine/Sulfur)

セレスティンは写真で白く見えるが半透明です。

サルファは黄色い皮膜状。

産地:マルタ共和国 マルタ島

全体左右:86mm

購入店:ジェム Y.O.

 

0Y6A9852.JPG

裏面も見えるように。

結晶が母岩の両面にあって、2倍のお得感がある。

イオウがあるということは成因が火山に関わっているということが多いが、

マルタ島に火山起源の地層はあるのかな?

隣のシチリア島か、火山の多いイタリア本土かな?

それとも火山とは無関係なのか?

なので、産地はシシリー島の可能性が高いかな。

この標本は値引きできないということで代わりに

妻用にペンダントをつけてくれました。

大久保洋子さんありがとうございます。

0Y6A9870真珠.JPG

オレンジパールのペンダント 直径10mm弱

 

ファントムのアメシスト

0Y6A9992.JPG

全体高さ:95mm

産地:リオグランデ・ド・スル州、ブラジル

購入店:Magic Quartz(スペイン)

 

0Y6A9996.JPG

反対側から

 

 

0Y6A0001.JPG

ファントム部拡大

 

0Y6A0013.JPG

 

次もアメシスト。

0Y6A0020.JPG

産地:Spahievo, Chala mine  Haskovo Region

   Rhodopes Mountain、ブルガリア南東部

購入店:BULGARIAN MINERALS & GEMS

0Y6A0103.JPG

細かい黄鉄鉱(Pyrite)の散りばめられた景色が気に入って購入。

 

0Y6A0033.JPG

ローザ石(亜鉛孔雀石)

産地:Bou Beker, Touissit, Oujda Prov., 
   Oriental Region, モロッコ

全体左右:38mm

購入店:母岩(中野区鷺宮)

 

0Y6A0041.JPG

褐色のドロマイト上に緑色のローザ石。

透明な透石膏がローザ石の結晶に被さっている。

 

0Y6A9747.JPG

ピンクフローライト

産地:Huanggang Mine, Chifeng Prefecture, Inner Mongolia 中国

標本高さ:39mm

購入店:信一商事

 

0Y6A9740.JPG

かなり埃を被っていたので、

翌日に

水で丸ごと洗って撮り直した。

透過光を強めにしたら内部に黒くて細いインクルージョンが見える。

何だろう? 石綿の類、(緑閃石の繊維結晶)かな。

 

ブルーキャップトルマリン

0Y6A9772.JPG

下方に白く見えてるカルサイトに浸食され、

平行に延びた細い結晶の束の様に見えるが

元はエルバイト(リチア電気石)なのか。

上からインディゴブルー、
白(アクロアイト)、

黒(ショール)の3色になっています。

全体の印象は地味だったが、

今まで見たことのない色だったので購入。

産地:Mwajanga,Komolo,タンザニア

全体高さ:23mm

購入店:信一商事

 

0Y6A9669.JPG

極小のルビー

 

PC154383.JPG

購入店:アトリエ コトブキヤ(銀座)

 

0Y6A9754.JPG

コバルトカルサイトの指輪

購入店:リーバ(板橋区徳丸)

産地不明

方解石CaCO3にコバルトが含まれてピンク色になってます。

! 撮影の台石はコバルトドロマイト

ドロマイトCaMg(CO3)2は方解石の

Ca原子が一部Mgに置き換わっている物。

 

以下、妻が職場のクリスマスプレゼント交換用に買ったもの等

いくつかの小さくて安いもの。

0Y6A9829.JPG

金属皮膜蒸着色のようだが?

 

 

0Y6A9786.JPG

かすかにピンクが掛かった水晶

産地:JackPot Mine, Montgomery Co., Arkansas, USA

長さ:52mm 

購入店:こむろミネラルズ

 

0Y6A9806.JPG

産地:JackPot Mine, Montgomery Co., Arkansas, USA

購入店:こむろミネラルズ

 

0Y6A9808.JPG

同じ鉱山のもの2本並べると、

色と先端部の形がだいぶ違う。

(どちらも自然形ですが)

 

次も同じ鉱山から、スモーキーなヤツ。

0Y6A9818.JPG

産地:JackPot Mine, Montgomery Co., Arkansas, USA

購入店:こむろミネラルズ

 

0Y6A9797.JPG

方解石

産地:Nuevo Leon, メキシコ

平行四辺形の長辺:20mm

購入店:こむろミネラルズ

 

0Y6A9796.JPG

複屈折がーンボ〜

 

これは購入品ではなくて、

0Y6A9779.JPG

福引きの7等の山の中から選んだもの。

まさに戦利品。しかし正体不明。

妻はハズレだったが直前の人が1等を引き当てていた。

1等って何がもらえたのかな?

 

 じゃあまたね

 

石ころ趣味で新宿へ、秋のミネラルフェア

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 15:11

JUGEMテーマ:鉱物 化石

石ころ趣味で新宿に行ってきました。

「東京国際ミネラル秋のフェア2019」

です。

 

会期は10月4日から7日まで、

その内初日から6日までの3回行ってきました。

4日間通し入場券は一般700円ですが、

ジェム Y.O.店様から招待券をいただきました。ありがとうございます。

 

 

0Y6A0344西新宿.JPG

会場はこのすぐ隣です。 EF24-70mm F4L

 

IMG_7675の顔隠し.JPG

会場内の様子。  オリンパス TG-4

 

以下、石の撮影は

EOS 5D Mark IV

EF100mm F2.8L マクロ IS USM

です。

 

初日の購入品

ルチル入り水晶

産地:ブラジル

水晶の高さ:29mm

購入店:AMERI

 

内部が見やすいようにアンダー気味露出。

 

向きを変えて。

稲穂のようにも見える。

 

 

 

2日目の購入品

私としてはかなり奮発した買い物の品。

気泡入りの水晶。

ファントム部はアメシストか煙水晶かの色が淡く出てる。

これで水入り気泡入りなのだからさらに高価でした。

透明部はかなりクリアです。

ラベルの名称は

アメシスト気泡入り、方沸石

産地:ナミビア Erongo, Brandberg, Goboboseb Mts., Tafelkop Mt.

水晶高さ:71mm

購入店:ホリミネラロジー

 

0Y6A0934高さ71ミリ.JPG

どうしたら気泡が見えるのか、黒い背景でも撮ったが、

白い背景の方が見え易そうだ。

0Y6A0943ナミビア産.JPG

 

0Y6A0956.JPG

黄色いくさび形の印は最初からシール貼りしてあった。

 

0Y6A0941方沸石.JPG

水晶の内部にピント合わせ。

水色で囲んだ所に泡があります。

水晶を傾けると奥の方の泡が動きます。

オレンジ色で囲んだ白くみえる(実際は透明)のは方沸石。

0Y6A0933気泡.JPG

アブクの輪郭、わかりますか。

 

安四面銅鉱

0Y6A0979安四面銅鉱.JPG

メタリックな安四面銅鉱に細かな結晶が付随してる。

菱鉄鉱、琥珀色の微小なツブツブ

方解石、白く透明・黄色い板状

黄銅鉱、黄色い金属光沢のツブツブ

産地:中国貴州省、Bijie Mine

標本高さ:35mm

購入店:信一商事(あのオレンジ色ラベルの)

 

0Y6A0987安四、方解石、黄銅鉱.JPG

 

0Y6A1006表面に黄銅鉱.JPG

 

0Y6A0966ショール.JPG

鉄電気石(Schorl)

珍しくもないがてっぺんの凸凹が面白く思って購入。

大きさ:真上から見た径32mm

産地:ブラジル ミナスジェライス州

購入店:(有)ニュー・ウエーブ

 

0Y6A1085.JPG

水晶のファントム面にたくさんの付着物

標本高さ:45mm

産地:ブラジル、

購入店:Magic Quartz

 

0Y6A1090クリストバライト.JPG

クリストバライト(方珪石):カビのような白いツブツブ

ファントムの面には付着物がない面もある。

0Y6A1101クリストバライト(方珪石)入り.JPG

0Y6A1107ファントム.JPG

星の砂の形の微小な茶色いツブツブは

ゲーサイトかな?

 

普通の造岩鉱物

0Y6A1022正長石.JPG

正長石 Orthoclase(オルソクレース)

産地:ブラジル ミナスジェライス州 Conselheiro Pena

標本大きさ:画面の向きで左右 70mm

購入店:MultiGemas/Vasconcelos

 

0Y6A1023ミナスジェライス州.JPG

 

この先は妻の買い物。日曜だけ一緒に行った。

0Y6A1038ディモルチェライトインクォーツ.JPG

デュモルチェ石

Dumortierite in Quartz

名刺サイズの店名カードが なかなか派手だ。

0Y6A1057ディモルチェライトインクォーツ.JPG

ディモルチェライト イン クォーツ

標本サイズ:水晶部長さ 31mm

産地:不明

台座:Sterling Silver

購入店:Starborn Japan GK(ドイツ)

 

0Y6A1053部分.JPG

拡大すると水晶内部が美しい。

しかしペンダントを肉眼で見ると、

全体が青く濁っているようにしか見えないのが残念。

 

 

0Y6A1058ワイアー加工.JPG

これはカケラ石を纏めて整形したものかも。

産地は不明。

ペンダントトップのみの状態で購入して、

別のブースで針金細工をしてもらった物。

購入店:ジェム Y.O.

ペンダント加工:FUKANE

 

0Y6A1073おもて面.JPG

石の長さ32mm

0Y6A1068裏.JPG

裏側

FUKANEさんでは会場内で購入した裸石を

少々の待ち時間でペンダントに仕立ててくれます。

この時は30分待ちでした。

ただし、受け取りに行った時は1時間待ちの掲示になってました。

 

 

0Y6A1075ラピス.JPG

これはジェム Y.O.店さんからの頂き物。

サービス品なので物が何かを聞かなかったのですが

ラピスラズリのようです。

 

今回の購入品(戦利品)紹介でした。

 

次の鉱物化石のイベントは

12月の「第28回 東京ミネラルショー」です。

会期は2ヶ月後、12月13日から16日。

池袋サンシャインシティー文化会館ビル 2階と3階。

一般入場料 900円がかかります。

 

  じゃあまたね

 

2019年7月 鉱物趣味で横浜へ行って来た

  • 2019.07.07 Sunday
  • 02:08

JUGEMテーマ:鉱物 化石

石ころ趣味で横浜産業貿易センタービルに行って来ました。

 

7月5日 

「ミネラル ザ ワールド in 横浜・夏」

 

みなとみらい線の 日本大通り駅から歩いて数分。

駅地下道の壁画。

絵の中にトリスおじさんがいます。

 

産業貿易センタービルの1階。

横浜産貿ホールマリネリア 入場無料

 

以下の画像は購入品(戦利品)を家で撮影したもの。

EOS 5D Mark IV

EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

LEDライト(小型のテーブルスタンド型)

 

0Y6A1612トリミング.JPG

水晶にヘマタイト(あるいはレピドクロサイト)が入っている。

産地:ナイジェリア オリレ鉱山

天地サイズ:21mm 14.19カラット

購入店:

 

次も水晶。

0Y6A1623ファントム.JPG

商品名:レッドファントムクォーツ
産地:ザンビア

購入店:ニルヴァーナストーン

 

0Y6A1630ファントム.JPG

 

0Y6A1631レッド.JPG

透明度の高い水晶。

内部に赤くファントムが見える。

 

 

0Y6A1636翠.JPG

水晶に乗ったDioptase(翠銅鉱)

水晶の部分左右:59mm

産地:ナミビア Kaokove Plateau Kunene Region

購入店:絹麻〜Kenma〜

 

0Y6A1652ディオ.JPG

 

 

0Y6A1607電気.JPG

鉄電気石 Schorl (ショール)

よくある鉄電気石の光沢のある真黒ではなく、わずかに緑がかっている。

購入店:紫苑

産地が不明なのでかなりの安値。

誰かの手放し品だそうです。

 

0Y6A1605電気.JPG

同上の裏側。

 

 

0Y6A1655三個で.JPG

国内産出、袋入りは「どれでも3つで1000円」

の箱入りの中から選んだ物。

赤鉄鉱に乗った水晶は単品通常売り。

 

0Y6A1665目盛.JPG

ベスブ石

3つで1000円のうちの一つ。

これは地味な茶色だが、色は変化がある。

透明だと高価になるのはどの鉱物も同じ。

 

0Y6A1672ベスブ.JPG

産地:神奈川県足柄上群山北町箒沢

 

 

0Y6A1657Hema,Qua.JPG

 

0Y6A1658和賀水晶.JPG

外国有名産地のもののような透明度は無いが

お手頃価格だったので、。

 

 

0Y6A1595.JPG

黒雲母 Biotite

産地:ブラジル ミナスジェライス州 Medina

購入店:トレジャー

黒雲母とは通称で、金雲母と鉄雲母との中間組成の固溶体

買うつもりではなかったが、小さいが形の整っている物より、

このガサガサした物のほうが驚くほど安かったので、、、。

 

他に、

今回は購入しなかったが、ジェム Y.O.店さんから

妻にアクセサリー入れの袋をいただきました。

ありがとうございます。

 

母岩さんとは先月に鷺宮のショップで

妻が指輪を購入したことと、犬の散歩で

ショップの前をしばしば歩いている事などの話をして来ました。

立ち話だけで何も買わなかったが、、、。

 

先日に撮り忘れていた蛍石を後日撮影。

これ1点だけEOS 7D Mark II

に EF24-70mm F4L IS USM

で、LED1灯、カメラは手持ちの手抜き撮り。

蛍石 Fluorite 

産地:中国福建省

標本左右:74mm

購入店:晶都株式会社(SHOTO)

 

薄紫薄緑の2色の結晶が混在。

 

 # この鉱物の色について推察 #

 

今回の蛍石のほか、水晶やサファイア、エメラルド等、

理想的な結晶は無色透明なのだが、

宝石として美しい色になる原因は

鉱物としての結晶で構成原子の配列(結晶格子)に乱れがあって

特定のスペクトルが吸収されて、

鉱物を通り抜けて出て来る光が色着いて見える。

 

結晶格子の乱れの原因は主に2つ。

§1、結晶を構成する原子の中には

大きさが近くてイオン価の同じ他の原子と入れ替わることがある。

§2、 結晶が成長する時に原子配列に欠けた所がある。

そのような原子配列の所で光の吸収があって色着いて見える。

 

結晶の集合体は大抵同じ色の結晶が集まっているが、

マグマ或いは熱水の、原液が同じ中で成長するから

結晶兄弟達みんな同じ色、となることが多い。

(成分が途中で変化するとファントム状になったりする)

 

この蛍石が2色混在するのは §2の場合かと思います。

原液中で最初に結晶格子が形成された時、

格子の乱れが2パターン生じたとすると、

それぞれの結晶は格子を覆うように成長し、

格子の乱れ部分もそのまま引き継いで大きくなります。

その結果、発色の違う同一結晶が2パターン混在することになる。

 

というのが、この標本が誕生した経緯と推測します。

 

ついでに言うと、

水晶やトパーズなどに多い人工着色結晶は、

γ線を照射して価格帯の高い物に化けさせることをしています。

そのような宝石は太陽光の直射で退色する事もあります。

 

微小な水晶も母岩に張り付いている。

水晶は大きめの物でも1mmくらい。

 

 じゃあまたね

 

 

石ころ趣味2019 ミネラルフェアに行ってきた

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 15:03

JUGEMテーマ:鉱物 化石

今年も行ってきました。

「第32回 東京国際ミネラルフェア」

場所は新宿西口の高層ビル街、 

スペースセブンイベント会場です。

今回の期間 6/7(金)から10(月)までの内、

日曜以外の3日間行ってきました。

今までは土日の1日だけしか行ってなかったが、

退職した勢いで連日参戦し散財をしてしまった。

 

入場料は4日間通しで一般1,000円 学生

   ・65歳以上700円(中学生以下無料)

のところを、ジェム Y.O.店さんから招待券を頂きました。

0Y6A9399チケット.JPG

 

 では、今回の購入品を写真にしたので並べます。

 (コレクター達の所謂 戦利品です。)

 

IMG_6654場内縮少.jpg

初日、金曜日の昼過ぎ頃。 EOS M5

平日でも混雑して通り抜け出来ない通路もあります。

 

以下の標本撮影は、

 EOS 5D Mark IV

 EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

 EF24-70mm F4L IS USM

です。

 

土曜の夕方のみ妻と一緒でした。

0Y6A9663袋入り.JPG

ジェム Y.O.店での購入品は妻がネックレスを。

 

0Y6A9655シトリン.JPG

メインの石はシトリン(黄水晶)。

 

この自然石を編み込んだ形は妻のお気に入りで、

過去に色違い(石違い)で買い揃えている。

0Y6A9687縮少.JPG

過去の購入品たちと並べてみた。

 

0Y6A9715ジェム Y.O.店.JPG

この水晶は私にジェム Y.O.店さんからのプレゼント品として頂きました。

 

0Y6A9724水晶.JPG

小さめだがクリアなクォーツで淡い紫が入ってます。

 

 

私の好みの石が多い信一商事さんは、今年は

今までと違う場所にブースを構えてました。

あの特徴的なオレンジ色のラベルのショップです。

初日はこのブースの人垣が多くて、

前列に出るのに10分くらいかかった。

人垣のほとんどは若い女性です。平日だったからかな?

 

0Y6A9744縮少.jpg

Kyanite (藍晶石)

ガーネット

バイオタイト(黒雲母)

クォーツ 

フェルスパー(長石族)の共生鉱物

産地:ロシア

標本左右:40mm

0Y6A9735カイヤ.JPG

部分。画面の左右31mm。

ピンク色のつぶつぶが柘榴石

アルマンディンガーネットのキラキラの粒)

 

0Y6A9736裏側.JPG

裏側の部分。画面の左右34mm。

 

次も信一商事さんから。

0Y6A9774青針銅鉱.JPG

クリード石 on 青針銅鉱

産地:中国貴州省 Qinglong Mine

左のスケールは縦方向です。

0Y6A9786縮小.jpg

部分。

青針銅鉱(Cyanotrichite)のブルーに魅かれて

買わずにはいられなかった。1.8諭吉

 

次もまた信一商事さんから。

0Y6A9747縮少.JPG

Fluorite 蛍石(左の透明な立方体)

Chalcopyrite 黄銅鉱(金色の金属光沢)

産地:中国湖南省 Yaogangxian Mine

標本左右:20mm

 

別の日にもここで。

0Y6A9790.JPG

Vanadinite バナジン鉛鉱

産地:モロッコ

 Mibladen.Atorasu Mountains.

 Khenifra Province.(ラベルより)

標本左右:48mm

 

0Y6A9800縮小.jpg

アトラス山脈のあたりらしい。

バナジン鉛鉱はいくつか持っているが、

これはかなり大粒で鮮やかなオレンジ色に魅かれた。

 

信一商事さんでの買い物はここまで。

 

蛍石

0Y6A9765蛍.JPG

Fluorite 蛍石

産地:中国 湖南省 郴州(ちんしゅう)

標本左右:55mm(画面内のスケールは高さ方向)

購入店:周 易雅石社(中国)

 

0Y6A9771縮少.JPG

市場に出回っている中では12か18面体?の外形は少ないようです。

この標本は6面体に相当する面だけがスベスベです。

サイコロ型正6面体の12本の稜線が削れて45度の面になったイメージ。

実際は削れるのではなく、結晶格子の

成長する方向に差があるので、どの面が成長するかによって

見かけの形にバリエーションができる。

よくある天然石の飾り石で、正三角形が

8面ある物は結晶面ではなく劈開面です。

下地の細かい透明結晶は水晶。

 

0Y6A9772蛍.JPG

 

別の日に同じブースで。

0Y6A9803縮小.JPG

calcite 方解石(白い牙状)

Chalcopyrite 黄銅鉱 (表面の金色微粒子)

産地:中国 湖北省 大治

標本左右:64mm

購入店:周 易雅石社(中国)

 

0Y6A9812カルサイト.JPG

キラキラ、キラキラ。

 

0Y6A9818カルサイト.JPG

この辺りは黄銅鉱がびっしり。

 

最終日のそろそろ財布に諭吉さんがいなくなる頃、

これも方解石。

0Y6A9755縮少.JPG

calcite 方解石

産地:ポーランド Grabiszyce

  ( Grabiszyce Basalt Quarry,Luban District,Lower)

標本左右:79mm

購入店:Mijo-fossils(Poland)

 

黒い母岩は玄武岩質溶岩。

オレンジ色犬牙状の細かい結晶が密集。

産地を検索したら露天掘りの採石場でした。

平地に巨大な凹地を掘ってました。

 

部分

0Y6A9762方解石.JPG

これは見たことのない形状だと思ったら、

2015年からの新産出だそうです。

紫外線長波で弱い黄色に蛍光あり。

 

最終日の帰り際にもう一つ、小物を連れ帰る。

0Y6A9824ラベル.JPG

可視光だと地味だが。

 

0Y6A9834縮小.JPG

LEDの白と紫外線のミックス画像。

赤く蛍光を発したのはルビー

 

ミネラルフェアでは特別展示のコーナーがあります。

今年は「セイロン サファイア」でした。

特別展は正にジュエリーで、買うものではなく見るだけです。

価格も表示されてますが、0の桁を数えるだけです。

0Y6A9640紅茶.JPG

でも、出入口横にありました、買えるものが。

セイロン(スリランカ)といえば

サファイアの他に紅茶です。

妻が茶葉の備蓄が少なくなっているということで購入。

メデタシメデタシ「サファイア展」

 

  じゃあまたね

2018年 12月、池袋のミネラルショーに行ってきた

  • 2018.12.20 Thursday
  • 01:59

JUGEMテーマ:鉱物 化石

2018年12月16日に石ころ趣味で、

 

「第27回 TOKYO MINERAL SHOW 2018」

に行ってきました。

 (石コレクション趣味での通称:池袋ショー

 

水晶水晶水晶水晶水晶

その際の購入品の写真です。

 

 石の撮影は

 カメラ EOS 5D Mark IV

   EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

 

0Y6A6388.JPG

招待券はジェム Y.O.店さんから頂きました。

ありがとうございました。

 

会場はメトロ線東池袋駅から近く、

山手線池袋駅周辺の繁華街雑踏を通らずに行けます。

0Y6A6417.JPG

地下通路で、これは去年も撮ったな。EF 24-70 F4L

 

最初は何も買わずに会場を一周。

その後に気になったブースを再訪して数点購入。

途中で妻と合流などして計4時間、場内を放浪しました。


0Y6A6707.JPG

水晶オイルクォーツ

産地:パキスタン・パロチスタン州・フズダル地区

購入店:天然石ごろごろ

価格が「グラム当たりいくら」というものは

大体が高額な物なんでしばらく迷ったが、

砂岩質の母岩が小さめの物を購入。

重さ価格には母岩の重さも含まれるので。

母岩付きはあまり見かけない。

 

0Y6A6714.JPG

内部の黒い物は石油と同時に閉じ込められた炭素化合物(タール)かな。

 

0Y6A6436.JPG

水晶は両剣で、紫外線を当てると鮮やかなブルーに。

光るのは水晶本体ではなくオイルが紫外光で蛍光を発します。

 

さらに可視光を暗くすると、

0Y6A6444.JPG

透明な水晶の中で、点在する石油がブルーに光る。

散開星団「昴」のようだ。

 

0Y6A6621.JPG

シトリン(黄水晶) の群晶

産地:ザンビア  マンブエ or ムニンガ?

購入店:KAI CRYSTAL(甲斐水晶工芸)

シトリンのクラスター状は初めて見た。

広い会場でも1箇所にしかなかったと思う。

 着色ではない、ということだが心配事ではある。

 

0Y6A6636.JPG

シトリンクラスター

 

0Y6A6648.JPG

Apophyllite 魚眼石

産地:インド マハーラシュトラ州、プーナ

購入店:Matrix India Minerals

 

0Y6A6679.JPG

薄い黄緑色で角柱状

0Y6A6662.JPG

薄いオレンジ色は 束沸石 Stilbite

右側の白くて直線状に長い集合結晶はスコレス沸石 Scolecite 

 

次は毎回のように購入する業者さんから。

オレンジ色のラベルが特徴。

0Y6A6685.JPG

Fluorite 蛍石

産地:中国 湖南省 Yaogangxian(ヤオガンシャン)鉱山

購入店:信一商事

 

0Y6A6694.JPG

内部にも薄紫色の立方体が見えて、ファントム状態の様だ。

0Y6A6704.JPG

 

PC231649.JPG

 紫外線 (長波域)を当ててみた。

 オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

ここから妻の購入品。

0Y6A6580.JPG

Tanzanite タンザナイト 灰簾石

購入店:FUKANE (仙台市)

 

0Y6A6593.JPG

アラゴナイト霰石

(組成は方解石で同質異像)

産地:モロッコ Tozouta Mine Sefrou Prefecture

購入店:Vision Quest(名古屋)

 

0Y6A6603.JPG

 

 じゃあまたね

2018年9月29日 新宿でのミネラルフェアに行ってきた

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 20:41

JUGEMテーマ:鉱物 化石

今回の書き込みは私の石ころ趣味のことです。

残念ながらワンコは出てきません。

 

「東京国際ミネラル秋のフェア2018」

 に行ってきました。

 

    宝石 水晶 水晶 水晶 水晶キラキラ

9月29日の土曜日は私だけで、

30日の日曜は妻のアクセサリー探しと

私の標本探しでと、目的は違うが一緒に行きました。

日曜日は台風が接近中で、出控えのためか新宿はすいてました。

 

今回の購入品(戦利品)を撮影しました。

カメラ EOS 5D Mark IV に

   EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 
 カメラ オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

行く前に入場券から。

0Y6A1199.JPG

ジェム Y.O.店さんから頂いた招待券で入場。

そばに添えた Apophyllite Stilbite の塔状集合結晶は

以前にジェム Y.O.店さんで購入した石。

 

P9301436.JPG

エメラルド(緑部)、パーライト(金色部) オリンパス TG-4

方解石(白部)、黒い母岩は頁岩らしい。

産地:コロンビア、ムゾー鉱山

購入店:J.STELLA

 

0Y6A1238.JPG

EF100 F2.8Lマクロ

エメラルドが少ない石を買うことができた。

緑の分量がわずかでも増えると高額となって買えなくなる。

P9301454.JPG

部分マクロ オリンパス TG-4

 

P9301465.JPG

小さい標本だがスーパーマクロ撮りなら

エメラルドだらけのように見える。

さらに緑柱石(ベリル鉱物)らしい形も見えて来る。

 オリンパス TG-4

 

0Y6A1296.JPG

Dioptase 翠銅鉱  EF100 F2.8Lマクロ

産地:ナミビア

購入店:ジェム Y.O.

 

PA021478.JPG

            オリンパス TG-4 

 翠銅鉱 の大きな結晶は高価なので、これも

スーパーマクロ撮りで大きな結晶のつもりを楽しめる。

 

0Y6A1304.JPG

 鉄電気石 (Schorl ショール) EF100 F2.8Lマクロ

産地:ナミビア

購入店:ジェム Y.O.

 

0Y6A1315.JPG

EF100 F2.8Lマクロ

 

0Y6A1271.JPG

アラゴナイト(あられ石) EF100 F2.8Lマクロ

粗面岩質凝灰岩 らしい母岩の中に放射針状の霰石。

下辺の目盛りは1mm。

産地:Pantoja, Toledo,Castile-La Mancha, Spain

購入店:タケダ鉱物標本

 

0Y6A1282.JPG

EF100 F2.8Lマクロ

 

0Y6A1245.JPG

EF100 F2.8Lマクロ

右は「K2ブルー」と、アクセサリーやパワーストーン業界では呼ばれている。

鉱物名は「Azrite in Granite」

藍銅鉱入りの花崗岩です。

 

なぜこのような産状になるのか、いまだに不明。

カラコルム山脈が隆起する前の地下深部、

花コウ岩化作用を受ける前の元岩の成分組成がどうだったのか?

溶融の段階で、あるいは固結の過程で何かしらのイレギュラーがあったせいなのか?

とにかく、結果としてこんなに美しい岩相になったのでメデタシめでたし。

 

産地:パキスタン

   K2峰の近く、スカルドゥ(Skardu)地域のみで産出。

購入店:、、忘れた、HAAだったかな。

左は、、、何だろ。

 

 

0Y6A1255.JPG

赤色部はルビー緑部は 灰簾石EF100 F2.8Lマクロ

透明黄緑はペリドット

画面右上に半分見えるカット玉石はルビー

メインの石をホールドしているのはナイロンコード。

茶色の編み紐は、シルク

産地:インド

サイズ:縦25mm 横25mm 厚7mm

購入店:バクティ

 

 

0Y6A1285.JPG

インカローズ EF100 F2.8Lマクロ

産地:アメリカ・コロラド州 スイートホーム鉱山産

   (この鉱山は既に閉山)

サイズ(縦横高さ):約15mm×32mm×24mm

購入店:リング/ペイジ

台石は虎目石。

 

PA021511.JPG

オリンパス TG-4

撮影台石は既に手元にあった物で、

菱マンガン鉱閃マンガン鉱金色の点々は黄鉄鉱

(北海道 稲倉石鉱山 産)

 !!!  菱マンガン鉱(ロードクロサイト)の

  透明高品位の結晶がインカローズと呼ばれる同じ鉱物。

 

 じゃあまたね

 

2018年6月 石ころ趣味で 新宿のミネラルフェア

  • 2018.06.10 Sunday
  • 17:20

JUGEMテーマ:鉱物 化石

6月2日と3日、石ころ趣味で新宿に行ってきました。

「第31回 東京国際ミネラルフェア」です。

毎年行ってます。

今回の購入品写真です。

カメラ EOS 5D Mark IV

 

でも、その前に。

会場入りの前に隣の新宿西口公園にも寄ってきました。

梅雨入り直前の好天気でした。

0Y6A6361.jpg
背後は都庁ビル。
タムSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD

 

0Y6A6365.jpg

芝生広場はのどかでした。タムSP 15-30mm

0Y6A6369.jpg

タムSP 15-30mm

 

0Y6A6391.jpg

タムSP 15-30mm

 

家に帰ってから撮ったパンフと入場券。

0Y6A6452.jpg

EF 70-300 F4-5.6L IS USM

招待券は「ジェム Y.O.」店さんから頂きました。

 

会場風景。狭くて混雑、通行困難の通路もあります。

0Y6A6456.jpg

個々のブースは撮影お断りの所が多いです。

 

3日の帰り道、中井駅。

0Y6A6462.jpg

大江戸線から西武新宿線に乗り換え待ちの時に電車撮り。

ごく普通の通勤用車両です。

緑色の橋は山手通り。

 

購入品の撮影は次の週末、9日でした。

 

先に妻の購入品から。

0Y6A6470.jpg

EF100mm F2.8L ISO3200 ,f11 ,1/15

以後の物撮り照明は LEDライト1灯と白レフ。

 

0Y6A6479.jpg

EF100mm F2.8L ISO3200 ,f11 ,1/15

購入店:

 

ジェム Y.O.店での購入品。

0Y6A6490.jpg

EF100mm F2.8L、ISO1600,f8 ,1/30

中央が縞瑪瑙(アゲート)

ビーズ状のサイドに並ぶ小さい石は

アメシストホワイトカルセドニークォーツ。

銀のパーツと紐を編んで仕立ててある。

 

0Y6A6499.jpg

EF100mm F2.8L

このタイプのネックレス、色違い(石違い)で

何種か揃ったので、、もう、お終いかな。

 

ここから私の趣味の鉱物集め。

0Y6A6508.jpg

EF100mm F2.8L

購入店:信一商事

アクリル台座左右:30mm

特徴的なオレンジ色のラベルの信一さん。

ここでも毎回のように何か買ってる。

 

0Y6A6520.jpg

EF100mm F2.8L

柘榴石が水晶の中にも外にも、ビッシリ。

0Y6A6706.jpg

EF100mm F2.8L

満礬柘榴石(Spessartine)

 

オリンパス  STYLUS TG-4 Tough、深度合成

 

0Y6A6641.jpg

EF100mm F2.8L

 

0Y6A6652.jpg

EF100mm F2.8L

 

0Y6A6655.jpg

EF100mm F2.8L

 

ジオラマ用フィギュアを置いてみた。 TG-4

 

毎年のように購入のブルガリアのブースで。

0Y6A6670.jpg

EF100mm F2.8L

方鉛鉱

水晶

黄鉄鉱

閃亜鉛鉱

産地:Madan mines,Bourieava, ブルガリア

購入店:BULGARIAN MINERALS & GEMS

 

0Y6A6674.jpg

EF100mm F2.8L

 

0Y6A6682.jpg

EF100mm F2.8L

針鉄鉱入りアメシスト

産地:Rio Grande do Sul.(リオグランデ・ド・スル州、ブラジル)

購入店:Magic Quartz (ブラジル)

 

0Y6A6716.jpg

EF100mm F2.8L

アメシストの中に細かいインクルージョン

0Y6A6721.jpg

EF100mm F2.8L

ルチルだろうか、と思ったが

針鉄鉱(Goethite ゲーサイト)

あるいはカコクセン石 という説もあるが

Amethyst full of Cacoxenite inclusion. と ある。
 

 

TG-4 tough

このブースの前で、よくあるアメシストかと通り過ぎようとしたが、

たまたま天窓からスポットライトで太陽光が直射。

それでインクルージョンのキラキラに気がついた。

 

紫と金色のコンビが美しく気に入った。

TG-4 tough

 

0Y6A6810.jpg

Vanadinite バナジン鉛鉱

標本大きさ:アクリル台座左右40mm

産地:ラベルの記載

購入店:Horst Burkard(ドイツ・ボン)

 

0Y6A6814.jpg

このバナジン鉛鉱の撮影2枚は

EF100mm F2.8Lマクロ に430EX lll-RTを壁バンで。

ここもよく買うブース。

だいたい毎回同じブースで買うことが多い。

自分の好みの石があるのはいつもの所、となる。

 

次の2点は去年の購入品だが

今回の撮影時に側にあったからついで撮り

2017池袋ショーで.jpg

オレンジ色の付着物がある水晶。 EF100mm F2.8L

高さ52mm

 

2017年6月新宿で.jpg

アズライトのノジュール。 EF100mm F2.8L

 

 じゃあまたね

 

 

2017年12月 池袋で「東京ミネラルショー」購入品

  • 2017.12.10 Sunday
  • 18:03

JUGEMテーマ:鉱物 化石

今年も12月の「第26回 東京ミネラルショー」

に行ってきました。

場所は 池袋サンシャインシティー文化会館ビル。

会期は12月1日から4日まで。

入場料は800円ですが、ガイドブック付きで会期中の出入りは自由です。

私は3日の日曜日と4日に行ってきました。

日曜は私が先行し、夕方には後から来た妻と会場内で合流でした。

 

例年いつも混んでますが、今年は特に混んでました。

6月の新宿ミネラルフェアなみに混雑の通路もありました。

ジェム Y.O.店での立ち話で判ったのですが、

アニメ「宝石の国」の影響らしいです。

 宝石水晶水晶水晶水晶キラキラ

 

 では今回の購入品画像紹介です。

カメラ EOS 5D Mark IV

   EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

カメラ オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

照明はLEDライト

 

妻の購入品、

0Y6A6279.jpg

ガーデンクォーツのペンダント。

普通はガーデンクォーツというと緑泥石などを包含物として

くすんだ緑色の物が多いですが、これは鮮やかな赤。

鮮やかすぎると中国製の加工品の疑いもありますが、、、どうでしょうか。

大きさ:水晶部分 縦30mm

購入店:忘れた

 

0Y6A6281.jpg

黄銅鉱 Chalcopyrite カルコパイライト(金色部)

方鉛鉱 (鉛色部)

閃亜鉛鉱 スファレライト(白部)

産地:Madan mines,Krushev Dol, ブルガリア

購入店:BULGARIAN MINERALS & GEMS

 

0Y6A6290.jpg

 

0Y6A6292.jpg

この標本店は毎年新宿でも池袋でも出店していて、

私好みの標本が多いです。

金属成分多めで小さくても比重が大きい標本が多いです。

ここで過去すでに何点か購入してる。

 

PC040676.jpg

オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

 

0Y6A6296.jpg

緑色の水晶。

 

PC040686.jpg

オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

0Y6A6400.jpg

瑪瑙 Agate アゲート

産地:インドネシア

購入店:SOUTHERN AFRICAN MINERALS

 

0Y6A6321.jpg

産状が面白くて購入。

色も気に入って、おいしそうだし、、。

奮発して大きめの物を選んだ。

 

PC040706.jpg

オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

 

0Y6A6332.jpg

購入店:母岩

この店、「母岩」は我が家のご近所さんです。

店舗に入ったことはないが、犬の散歩では

たまにショールームの前を通ります。

ラベルに住所が記入されてます。

 

0Y6A6335.jpg

一部、断面研磨の側から。

 

PC040669.jpg

オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

0Y6A6346.jpg

今年、我が家に迎えたワンコに「琥珀」と名付けたので、

これを命名記念に購入。

虫入りは高価なので、普通に塊状の物。

 

0Y6A6357.jpg

平置きを上から見る。

 

0Y6A6363.jpg

緑閃石 (Actinolite アクチノライト)

購入店:A-Z earth 日本の鉱物

繊維状構造が面白くて購入。

大きい割に安価。

この店では去年、北海道産の蛍光するオパールを購入してる。

0Y6A6375.jpg

 

 

0Y6A6370.jpg

 

0Y6A6387.jpg

煙水晶

産地:Novo Horizonte, Bahia ブラジル

購入店:和光物産

 

0Y6A6396.jpg

 

PC040717.jpg

オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

PC040749.jpg

水晶

購入店:ニルバーナ ストーン

 

妻の買い物

PC040736.jpg

購入店:ジェム Y.O.

 

PC040732.jpg

オプシディアン黒曜石

オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

0Y6A6405.jpg

会場で2000円以上買い物すると

福引ができます。

今年は妻の分と私の分、共に7等でしたのでこれが景品。

この種方面のウンチクは「虚空座標 voidmark.blog KUROさんを検索。

好みの物ではないけど、当たりの内の最下等だからしょうがないな。

 

帰り道の東池袋駅近くで。

 

 じゃあまたね

 

 

 

 

 

10月1日、石ころ趣味で新宿へ

  • 2017.10.08 Sunday
  • 02:42

JUGEMテーマ:鉱物 化石

先週、10月1日に新宿へ行ってきました。

「東京国際ミネラル秋のフェア2017」

その際の購入品(戦利品)です。

 

 

西新宿の高層ビル街、スペースセブン会場

カメラ EOS 7D Mark2 に EF 24-70 F4L

カメラ オリンパス  STYLUS TG-4 Tough

 

PA020635.jpg

アポフィライトApophyllite 魚眼石、 EF 24-70

Stilbite    束沸石

産地:インド VAIJAPUR,マハラシュトラ州

購入店:ジェムY.O.

 

196A5905.jpg

 

PA020625.jpg

 

196A5862.jpg

柱状で、しかも2本という珍しい産状。

 

参考画像

P6150035.JPG

こちらは普通によくある産状。

だいぶ前の購入品だが産地は同じかすぐ近い。

 

PA070715.jpg

Spinel  尖晶石  オリンパス TG-4

購入店:先に出した写真のApophylliteStilbiteの結晶集合体が

    高価だったので ジェムY.O.さんからおまけに頂いたもの。

PA070707.jpg

角と稜線がすり減っているが鮮やかな透明赤色

 

 

PA020643.jpg

珪化木

購入店:ドイツ Farber Minerals

 

裏返すと、

PA020650.jpg

この面の方が木片っぽい。

PA020658.jpg

表面は微小な水晶でキラキラ。水晶水晶

 

ジェムY.O.さんでは前日の土曜日に妻も買い物をしてました。

196A5913.jpg

 

196A5928.jpg

いつも綺麗なポーチに入れてくれます。

196A5940.jpg

ジェムY.O.店は妻のお気に入りです。

 

 ではまた

  次の石ころ趣味は12月の池袋ショーで。

石ころ趣味 ミネラルフェアに行ってきた

  • 2017.06.06 Tuesday
  • 00:44

JUGEMテーマ:鉱物 化石

2017年6月4日の日曜日、

「第30回 東京国際ミネラルフェア」

に行ってきました。水晶水晶水晶水晶水晶

その際の購入品の写真です。

 

 カメラ EOS 7D Mark2

    EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

 

入場料1000円だが、立派なパンフレット付きなのがマル。

今回は運良く招待券をいただけました。

 

196A2477.jpg

アメシスト、 カコクセン石(cacoxenite)

ラベル表記名:Amethyst,wavelite,cacoxenite

産地:Chala mine、Spahievo ブルガリア

全体左右:75mm

販売店:Bulgarian Minerals & Gems

なんだかよく分からないが姿が面白いので購入。

過去に何度も購入したことのあるショップ。

196A2485.jpg

パワーストーンやヒーリングの世界では

「ファントムキャンドル」と言うらしい。

アメシストのファントムクォーツだが、

私には雪山の様に見えて惹かれた。

 

196A2488.jpg

Azurite 藍銅鉱

産地:ウラル鉱山 ロシア

    Mikheyevskoyew Mine, Chelyabinsk Oblast, Southern Urals ?

長径:44mm

販売店:Urals Geological Museum (だったかな)

 

全体の形はノジュール状の球体だが、

196A2494.jpg

割ると中身はジオード状。

中心に向かって結晶が成長していったもの。

手に乗せて見た目より重く感じるのは成分に銅が多いため。

石ころの重さでなく金属の重さを感じます。

196A2498.jpg

結晶の粒子は細かすぎるのですが、面白い産状と思って購入。

アズライトの結晶の大きなものはかなり高価で手が出ません。

ジオードのAzuriteは去年くらいから見かけるようになった。

 

今回購入は標本が2点だけ。

青青い石がまた増えた。青

 

ここから先は妻の購入品。

 

 

196A2507.jpg

商品名:ブルーオパール

購入店:?

 

196A2513.jpg

 

196A2517.jpg

 

196A2529.jpg

透過光で撮ってみた。

 

犬在りし日のギン太

 

 じゃあまたね

 

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM